パソコンが動くしくみ



 パソコンが動くしくみを理解しておくことが、情報セキュリティを学んでいうえで、大事な知識となります。
パソコンが動く基本ステップは4ステップです。

    (パソコン側から見た場合)
    ①データが入力される
    ②データを処理(計算)する
    ③データを(画面に)表示する
    ④データを(ハードディスクに)保存する



                                        

 項目 概要
 ハードウェアユーザからの入力を受け付けるマウスやキーボード、
ユーザからの入力や処理結果を表示する画面、
データを保存するハードディスク、メモリ etc...
Windows OS
(ウインドウズ オペレーティング システム

パソコンが動くための、基本的な機能を提供しています。
OSが入っていないとパソコンは動きません。

アプリケーションユーザからの起動命令(ダブルクリックなど)でソフトウェアが起動します。
エクセル、ワード IE(Internet Explorer) etc..
Windows 
サービス
OSが起動すると同時にWindows OSから起動されます。
常に起動し続けています。
画面をもたないので、ユーザは起動されていることを気にせず
パソコンを操作できます。
例えば、DHCPクライアントサービス*1Plug and Playサービス*2

*1 DHCP(ディーエッチシーピー) クライアントサービス:  
        DHCPサーバから割り振られたIPアドレス(例:192.168.11.xx)を自動で受け取ります。
        パソコン同士が通信を行うには必ず互いにIPアドレスを持つ必要があります。
         IPアドレスを送信元、送信先として通信が行われます。

*2 Plug and Play(プラグアンドプレイ)サービス: 
        コンピュータが接続されたハードウエア(例:USBなど)を自動で認識してくれます。