パソコンを最新の状態に保つ


パソコンを最新の状態に保つ方法について説明します。


 セキュリティ対策の基本は、常にパソコンの状態を最新に保つことです。
 最新の状態を保つことにより、悪意のある第三者によるパソコンへの不正操作やウイルス感染
などの
被害をかなり低減することができます。
脆弱性が発見されると、脆弱性をターゲットにした攻撃がインターネット上を駆け巡ります。
早期にこれらの修正プログラムを適用することが重要ですが、すべて手動で1つ1つ適用するとなると
かなり面倒な作業になります。
そこで、以下のツールや設定を利用します。

  *1ヶ月以上間を空けて久しぶりにパソコンをインターネットへ接続する場合、以下の操作を優先して実施することをお勧めします。

 種類 概要
Windows Update (Windows 7)Microsoft社はMicrosoft Updateの仕組みを利用してインターネット経由で
自動的に
Windows OSの更新プログラム(セキュリティパッチ)を
インストールしてくれます。
OSだけでなく、Internet Explorer, Microsoft Office製品の更新プログラム
(セキュリティパッチ)自動的にインストールしてくれます。

*更新プログラム(セキュリティパッチ)は定期的に、毎月第二火曜日(米国時間)に公開されます。
 日本時間では翌日の水曜日になります。緊急度の高い場合は即日公開されます。
MyJVN バージョンチェッカMyJVN バージョンチェッカは、利用者のPCにインストールされている
様々なソフトウェア製品のバージョンが最新であるかを
簡単な操作で
一括で確認するツールです。
Adobe Reader, JRE,Adobe Flash などをまとめてチェックしてくれます。

MyJVN バージョンチェッカ(http://jvndb.jvn.jp/apis/myjvn/index.html)
Java(JRE)
JAVA(JRE)の設定を個別に行います。
MyJVMバージョンチェッカからも、最新バージョン確認はできますが、
個別に、自動更新の設定、更新も行えます。
Adobe Acrobat ReaderAdobe Readerの最新バージョン確認を行います。
MyJVMバージョンチェッカからも、最新バージョン確認はできまが、
個別に、バージョンの確認もできます。
Adobe Flash PlayerAdobe Flash Player最新バージョン確認を行います。
MyJVMバージョンチェッカからも、最新バージョン確認はできまが、
個別に、バージョンの確認もできます。
Internet Explorer(IE)IEの最新バージョン確認を行います。